安心・安全|【公式】クレアホームズ富山上本町|「上本町」停留場徒歩2分|セントラル総合開発の新築分譲マンション

SAFETY

日々の暮らしを安心・安全とともに。

SECURITY

幾重にも守られた、万全のセキュリティシステム。

  • 概念図
    トリプルセキュリティシステム

    「クレアホームズ富山上本町」ではポケットやカバンなどに入れておくだけで、ハンズフリーで共用エントランスのオートロックを解錠できる、ラクセスキーと連動させたトリプルセキュリティシステムを採用しました。エントランスの自動解錠と同時にエレベータが1階に自動着床することで、降りてくるまでの待ち時間を短縮できます。また、住戸玄関ドアには侵入異常センサー(侵入異常センサー施解錠はLDでセットします。)を設置し、部外者の侵入異常をいち早く警備会社が把握することでセキュリティを強化しています。

  • SECOM
    24時間セキュリティシステム

    共用部や専有部における各種センサーが異常事態を感知すると、非常警報を遠隔管理センターへ自動的に通報。状況に応じてスタッフが現場に急行し、迅速かつ的確に対応。365日暮らしの安全を常に見守ります。共用部や専有部における各種センサーが異常事態を感知すると、非常警報を遠隔管理センターへ自動的に通報。状況に応じてスタッフが現場に急行し、迅速かつ的確に対応。365日暮らしの安全を常に見守ります。

    24時間マンションセキュリティシステム概念図
  • ラクセスキー&ノンタッチキー

    共用エントランスのオートロックは、便利なラクセスキーまたはノンタッチキーを採用。ポケットやカバンなどにラクセスキーを入れておく、もしくはノンタッチキーをリーダーにかざすだけで自動解錠されるので、両手に荷物を持っていてもマンション内のセキュリティゾーンをラクに通過できます。※センサーの範囲などにより解除できない場合があります。

    ラクセスキー(参考写真)
    image
  • カラーモニター付インターホン

    見やすいカラー映像で風除室の来訪者をチェック。録画・録音(留守設定時)機能も備えています。

  • 参考写真
    監視カメラ

    風除室、エレベーター、駐車場、自転車置場などに監視カメラを設置。録画された画像は一定期間保存されます。

  • 参考写真
    防犯サムターン

    見やすいカラー映像で風除室の来訪者をチェック。録画・録音(留守設定時)機能も備えています。

  • image
    リバーシブルディンプルキー

    複製がほとんど不可能でピッキング対策にも有効なディンプルキーを採用しました。

  • 参考写真
    鎌デッドボルト錠

    錠を閉めた際にデッドボルトが枠に引っかかり、バールなどの不正なこじ開けを防ぎます。

  • 参考写真
    ダブルロック・
    プッシュプルハンドル

    玄関ドアの2ヶ所に鍵穴を設けたダブルロックを採用。「押す・引く」だけで簡単に開閉できるプッシュプルハンドルです。

  • 参考写真
    玄関侵入異常センサー

    全住戸の玄関扉に、24時間セキュリティシステムと連動した侵入異常センサーを設置しています。

STRUCTURE

万全の暮らしを支える、強固な構造・設計。

  • 強固な地盤と基礎構造

    地下約23m付近の支持層に、軸経約900mmと約1,000mmの既成コンクリート杭を30本打設し、強固な基礎を構築しています。

    概念図
    地盤調査により
    快適な住環境の安心・安全を確保。

    快適な住環境の安心・安全を確保するためには、まずは地盤調査を行うことが先決です。「クレアホームズ富山上本町」では、厳格な基準に基づいた地盤調査を行い、建築物敷地下の地盤状況、地盤の工学的性質を把握し、強固な地盤面まで現場造成杭を打設することで、建物をしっかり支えます。

    • 概念図
      1断熱性に優れた外壁

      外壁は150mm以上のコンクリート厚を確保し、その内側には断熱材を吹き付け、冷暖房効率に優れた壁構造を実現しています。

    • 概念図
      2遮音性に配慮した戸境壁

      戸境のコンクリート壁厚を約200〜300mmに設定。生活音が隣戸に伝わりにくく配慮し、居住性能の向上を図っています。

    • 概念図
      3ダブル配筋

      建物を支える主要な戸境壁には鉄筋を二列配置するダブル配筋を採用。壁のひび割れを抑制するなど、高い強度と耐久性を実現しています。

    • 概念図
      4直床・二重天井

      床スラブ厚は約200mm以上確保するとともに、上階スラブとの間に隙間を設けた二重構造を採用。生活音が伝わりにくくしました。※1階床・屋上スラブ厚は除く

    • 概念図
      耐震ドア・耐震枠

      ドアとドア枠の間に適切な隙間を設け、地震などによりドア枠が変形した場合でも開閉不良を生じにくくします。

    • 概念図
      コンクリート強度

      住まいの基本となる躯体の主要構造部に設計基準強度33〜45N/㎟のコンクリートを採用しました。※外構等は除く

  • 住宅性能評価

    国土交通大臣の認定した第三者機関による設計住宅性能評価書を取得。建設性能評価書も取得予定です。

※掲載の写真はDタイプ(モデルルーム)を撮影(2020年8月)したものです。なお、一部オプション仕様(有料)が含まれている他、家具・装飾品・照明・調度品等は販売価格に含まれておりません。設備・仕様はタイプにより異なる場合がございます。
※掲載の構造断念図はイラスト概念図であり、鉄筋の太さ・量など詳細は実際とは異なります。

上部へ戻る